腸内環境を整えるには食事から♪おすすめの改善方法は??

腸内環境を整える♪おすすめの栄養素10選

腸内環境を整えるには、どんなものがおすすめ??

 

便秘によって機能が低下している腸は、動きが弱くなっています。
腸に充分働きかけてくれる栄養素で、腸の機能を回復させて元気な腸内環境をめざしましょう♪

 

 

 

 

 

➀不溶性食物繊維
⇒水に溶けない性質の食物繊維。
 腸の中で便のカサを増すことで、腸を刺激して排便をサポートしてくれます。
 (きのこ・海藻・にんじん・さつまいもなど)

 

 

②水溶性食物繊維
⇒水に溶ける性質の食物繊維。
 水分の吸収を促して、便を柔らかくしてくれる働きがあります。
 (ごぼう・たまねぎ・葉野菜など)

 

③植物性の乳酸菌
⇒乳酸菌は、腸の中で善玉菌として働いてくれます。
 乳酸菌は便秘の時だけでなく、下痢の時にも有効なんです。
 生きて届く植物性の乳酸菌はおすすめ!
 (漬物・みそなど)

 

④オレイン酸
⇒脂肪酸の一種で、オリーブオイルなどに含まれています。一時的に多く取ると、小腸などで吸収されにくくなることで、
 小腸を刺激して排便をサポートしてくれます。
 (オリーブオイル・ごま)

 

⑤水分
⇒朝起きて一杯のお水を飲むと、効果があるとゆうのは有名ですよね。
 ポイントは、一気に飲み干すこと!胃に入った水の重みで腸が刺激されて便が出やすくなる効果があります。

 

⑥ビタミンC
⇒ビタミンCが腸の中で分解される時にガスが発生します。その時発生するガスで腸のぜん動運動が活性化されます。
 また、積極的に取ると便が柔らかくなって排便が楽になります。
(緑黄色野菜や果物など)

 

⑦スパイス成分
⇒腸のけいれんなどの抑制や膨満感の改善に効果的です。
(シナモン・なつめぐなど)

 

⑧マグネシウム
⇒ミネラル成分の一つ。食品の中に含まれるマグネシウムの一部が吸収されないで、腸内の水分と結びつくことで
 便を柔らかくする働きがあります。
(玄米・イモ類)

 

⑨ハーブ成分
⇒薬用の植物として知られるハーブは、殺菌や抗菌・満腹感を解消させたり、便通を整えてくれる働きがあります。
(ペパーミント・タイム)

 

⑩オリゴ糖
⇒そして、有名なのがオリゴ糖。腸の中の善玉菌のビフィズス菌のエサとなるオリゴ糖は、
 人間の消化酵素で消化されにくく、大腸まで届きます。
 (はちみつ・大豆)

 

 

毎日の生活に少しづつ取り入れて、健康で元気な腸内環境をめざしましょう♪ 

 

 

腸内環境を整えるには、オリゴ糖もおすすめですよ♪
最近は子供さんの便秘で悩んでいるママさんも多いので、↓のサイトも参考にしてみてくださいね^^
⇒カイテキオリゴは子供の便秘改善におすすめ!